『いつもは聞き手ここでは独り言』

『生きる』をデザインしたい人間です。心理のこと・仕事転職のこと。そしてシングルマザー、ときどき絵とか。

子どもへの傾聴〜その参

ということで、我が子への傾聴。

 

 

nanngihoshi.hatenablog.com

 

 

nanngihoshi.hatenablog.com

 

 

なんだか次の日は、すっきりした顔をしていた。

 

私は、ムスメの愛するスポーツをした経験は体育ぐらいしかないのだけど。

 

運動部の経験はあって、その精神論などは語りたくなる時などはあるけれども。

 

いつもは、ムスメも私にアドバイスを求めることはないのに。

 

「どうせママにはわからないでしょ!」とかのたまって。

 

なのに。

 

次の日の朝・・・!!

 

「ママ、先生はどうして私をベンチにさげたのかな...。」

 

 

・・・・!!・・・・・

 

 

頑固なムスメが・・・!!

 

私に、自分のテリトリーのことを聞いてきた・・・!!

 

 

 

傾聴、すげぇええっ。

 

 

ここは外してはいけない、自分の凝り固まった価値観をとぅとぅと語ってはいけないetc...、と冷静に冷静に考え・・・。

 

まずは、

 

・自分はどう思ってるか?

 

を聞いてみて、

 

 ・それに対してのムスメはどんな気持ちか?

 

を聞いてみて、

 

・ママからの肯定的な気持ちをムスメに伝えてみて、

・最終的には、先生に確認すること!

 

で話をまとめてみた。

 

 

まちがっているとか、いないとかは、正しかったかそうじゃなかったかは、

 

永遠にわからないことだけれども。

 

こうやって、親もちょっとずつ変化してゆく。

 

これも、ちゃんと自分自身を肯定できなきゃ不可能なことだなと、

 

今更ながら痛感する日々。