生きるをデザイン    カウンセラーなんぎ星 『いつもは聞き手ここでは独り言』

心理のこと・仕事転職のこと。そしてシングルマザー、ときどき絵とか。

職人って言葉は…

自らを"職人"と言う人たちが働く職場にいます。

ふたことめには、
「俺は、そもそも職人なんだから〜(パソコン作業なんて覚えねぇよ。)」
「俺は、そもそも職人なんだから〜(人とのやり取りは会社の為にムリしてやってんだ。)」
「俺は、そもそも職人なんだから〜(若いやつに厳しく接してもいいんだ。)」

職人=偉い
職人=アナログでオッケー
職人=苦労している
職人=人を評価していい

話を聞いていると、気持ち悪くなる。
ホントに。



私の知ってる職人さんはそうじゃない。

自分の得た技術を、いかにわかりやすくこれから学ぶ人に伝えるか?
自分の得た技術で、いかに社会貢献できるか?
自分の得た技術を、SNSを利用していかに多くの人に知ってもらえるか?
自分の得た技術で、どうやったら人を幸せにできるか?


そう言う事を考えている人が多い。
むしろ、それが『職人』なんじゃないの?