生きるをデザイン    カウンセラーなんぎ星 『いつもは聞き手ここでは独り言』

心理のこと・仕事転職のこと。そしてシングルマザー、ときどき絵とか。

娘からの「聞く事」の質問。

「おっ?」

と思うような事を、娘が話してきた。

「ママ、相談ごとされた時って、どう答えればいいの?」


どういうことかな、と聞いてみると。
思春期真っただ中の娘をはじめとする、娘の友達たち。

その一人、娘と仲の良い友達が

「自分の事がすごくキライ」

という内容の話をして、悩んでいた。と。


「…なんて声をかけてあげればいいか、わかんなかったんだよね」

と娘。



そんな大切な話をする仲の友達が娘にいる、という事がまずは、キラキラ嬉しくなった。

…ということは、とりあえず胸にしまっておいて。



ママだったら…と前置きして、娘にこう、伝えてみた。

「まずは、相手の話に合わせて、言葉をかけてあげたり、頷いたり、目を見てあげたりね。
して。
決して、自分の話を挟まないで、聞いてあげてね。
応えるなら、うん、分かるよー、とか。そうだよね。とか、辛いね、とか。
そういうのだったら、いいかな。
もちろん、なんぎ(娘の名前)が心からそう思った時ね。


んで、伝えることは一つ。

その前に、なんぎはその子の事、大切な友達?

(娘は盛大にうなづく。)

だったら、「なんぎは、悩んでる〇〇(友達の名前)ちゃんもいつもの○○ちゃんも、いつでも大好きだよ。」


とだけ、伝えると良いと思うよ。

んで、
またいつでも話ししようね。とかかな?」


娘は、「うーん」という顔をして一言、

「恥ずかしいなぁ…」

と。(笑)

娘も思春期ねぇ…。




かっこいい事をいえたり、ズバッと解決する、とかの言葉って、私は無いんじゃないかなぁと思っとります。